Blog ブログ

体験メニューはこちら

HOME // ブログ // 腰痛の原因と対処

Blog ブログ

CATEGORY


ブログ 健康

腰痛の原因と対処

腰痛になって病院に行くと、ヘルニアとか脊柱管狭窄症と診断されること有りますよね?
でもそれって実は全体の腰痛の原因の15%でしかありません。
では残りの85%の腰痛の原因は何か…実は現代科学ではまだはっきりとはわからないんです(汗)

原因がわかる腰痛は15%と言われていますが、ヘルニアと診断されて手術をしてヘルニアを取り除いても腰痛が残る場合もあります。
逆に検査してみるとヘルニアがあるにもかかわらず痛みが出ない人もいます。
という事は腰痛の原因はヘルニアでは無いかもしれないんです。
だから原因がわかってる15%も実はあやしいです。

でも大体はわかっています。
ではその原因は何があるのでしょうか?

目次

腰痛の原因

腰痛の原因って実は一つじゃないんです!
ではどんな原因があるのでしょうか?

単純に腰の筋肉を痛めている場合

腰の周辺の筋肉には広背筋、脊柱起立筋、腰方形筋などがありますが、これらの筋肉を単純に痛めた場合の腰痛です。
これはその筋肉をほぐせば治るので、割と簡単に治癒することができるかもしれません。
背骨にはいろいろな神経が通っていますが、自律神経が通っています。
その中でも交感神経が優位になり過ぎると、その周りの筋肉が緊張します。
それで起立筋や腰方形筋が硬くなるんです。
そうすると骨盤が引っ張られて前傾するので、このタイプの人は反り腰になっています。
原因として考えられるのは自律神経バランスの乱れや、ストレスなどです。
腰のほぐし方の動画をアップします。

仙腸関節の硬結

骨盤には仙骨と腸骨という骨が有って、そのつなぎ目が仙腸関節です。
昔は仙腸関節は動かないと思われていました。それは解剖した時に硬いからです。
でもそれは死後硬直で硬くなっているだけであって、生体の中では少し動くということが近年わかってきました。

ではなぜ動くのか?

高層ビルは地震の時に揺れますよね?
それは揺れることによって振動を逃しているからです。
それと同じで仙腸関節は歩いたときの衝撃をここで分散しているんです。
仙腸関節が硬くなると衝撃を分散できなくて直接腰に負担が来るんです。

対処としては、仰向けで横になって仙腸関節(お尻のくぼんだ所)の下にテニスボールを入れてぐりぐりやってみてください。
ズレている方は激痛が走ると思います(そんなに硬くない方は痛気持ちいい程度です)。

お腹の筋肉の硬さ

お腹の筋肉が腰痛の原因と聞いて、びっくりされる方もいるかもしれません。
猫背でいるとお腹の筋肉は縮こまっています。
ずっとその姿勢を続けていると、お腹の筋肉は縮こまったままになってしまいます。
そうすると背中の筋肉は引っ張られます。縮んでいる方と伸びている方、筋肉はどちらかと言うと伸ばされている方がツラいんです。
だから腰痛の原因になるんです。
お腹が原因の腰痛の方は、腹筋や腹斜筋のほかにインナーマッスルである腹横筋や腸腰筋をしっかり伸ばさないといけません。
動画↓

お尻の硬さ

スポーツをしても、座りっぱなしでいても張ってしまうとお尻の筋肉。
筋肉は動かした後そのままにしておくと硬くなってしまいます。
だからスポーツ後はストレッチなどのメンテナンスが大切なんです。
またずっと座りっぱなしなど血行が悪くなっても筋肉は硬くなってしまいます。
その場合もストレッチなどが有効です。
お尻の筋肉は硬くなりやすいので、ストレッチやマッサージなどでほぐしていきましょう♪

足の硬さからくる腰痛

足の硬さからくる腰痛は、主に太ももの硬さです。
太ももの後ろにあるハムストリングスが硬くなると、お尻の筋肉が引っ張られるので太もももお尻も硬くなってしまいます。それが腰痛の原因になります。
膝の裏にある委中と言うツボは、「腰痛には委中」と言われるほど有名なツボです。

前述した腸腰筋はお腹から足の付け根についているので、太ももの前の大腿四頭筋が硬くなると腸腰筋も硬くなります。それも腰痛の原因になります。
このタイプの人は股関節も硬くなっています。


また太ももの横にある筋膜張筋が硬くなると、お尻の筋肉が引っ張られるのでそれも腰痛の原因になります。
筋膜張筋が硬い方はO脚気味になるので、O脚の方は筋膜張筋から来る腰痛を疑います。

背中の張りからくる腰痛

背中と腰は、広背筋と言う1つの筋肉でつながっています。
なので背中をほぐすと腰が楽になることもあります。
背中が急に痛くなるギックリ背中と言うのもあります。

背骨の歪みからくるもの

歪みがある方は、後ろから見ると肩の高さが違ったりします(この場合肩こりからきてる場合もあるので、肩の高さが違うからといって一概に背骨の歪みとは言い切れません)。
また女性に多いですが、骨盤がずれているとお尻を振って歩く、いわゆるモンローウォークになっていたりします。
この場合は背骨の調整が必要になります。

対処の仕方

では一体どうやったら腰痛は治るのでしょう?

運動しましょう♪

昔は腰痛は安静にして治すのが主流でした。
しかし今は動いて治すことが推奨されています。
ぎっくり腰になっても最初の2〜3日だけ安静にして、後は普通に日常生活を送ることを推奨されます。
今は動かして治すのが主流なんです!
普段から運動することによって腰痛を緩和させましょう!
腰痛を緩和させる体操の動画をアップしておきます。

温めましょう

もしぎっくり腰になった場合炎症が起こっているので、最初の2〜3日は冷やします。しかしその後は温めたほうがいいです。
その見極めとして、お風呂に入った後ズキズキするようならまだ冷やしたほうがいいです。
お風呂の後に楽になるようでしたら温めてください。
温めた方が良いときには揉んでも大丈夫ですが、冷やした方が良い時は揉んではいけません。

ちなみにコルセットをつけるのも最初のうちだけで、後は外した方がいいです。
ずっとつけっぱなしにしていると筋肉が落ちてしまうのでよくないです。

最後に

脊柱管狭窄症は軽い運動すると快方に向かうと言われています。
ヘルニアの方もそのヘルニアがある周辺の筋肉をほぐすと少し楽になります。
激しい運動はダメですが、軽い有酸素運動をして腰痛を改善させましょう♪
私の動画を見て一緒にやってみてください!

いろいろ原因を挙げましたが、自分がどれに該当するかわからない場合は相談に乗りますので私のサロンに是非お越し下さい。
お待ちしております(^^)

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧