Blog 健康

体験メニューはこちら

HOME // ブログ // ミネラルの重要性

Blog 健康

CATEGORY


健康

ミネラルの重要性

ミネラルってよく聞く言葉ですが、それが身体の中でどんな役割を果たしているのかちゃんとわかっている人って少ないんじゃないでしょうか?

目次

ミネラルとは?

タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンに次ぐ5大栄養素の1つで、無機質とも呼ばれます。
身体の調子を整えるために重要な役割を果たします。
私たちの体は約96%が酸素、窒素、炭素、水素の4つの元素で作られており、それ以外の4%の元素がミネラルと呼ばれています。
ミネラルは身体を正常に保つために必要不可欠な栄養素で、不足した場合様々な欠乏症や不調が発生しますが、体内で合成できないため食物として摂る必要があります。

必須ミネラルは16種類

人体には約60種類もの元素が存在していると言われています。
その中でも必要とされるミネラルは16種類で、必須ミネラルと呼ばれます。
そのうち1日に必要な量が100mg以上の元素を多量ミネラルといい、7種類あります。
1日に必要な量が100mg以下の元素を微量ミネラルといい、9種類あります。
主要ミネラルはカルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウムの7つ、
微量ミネラルは鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルトの9つです。

消化、代謝の材料になる

栄養素は摂取しただけでは働きません。
体内で消化・吸収され、代謝されるには酵素の力が必要です。
その酵素の材料になるのがタンパク質とミネラルなんです!
ミネラルがないと正常な消化、代謝が行われないんです。

現代人はミネラルが不足しています!

現代人はミネラルが不足していると言われますが、それは何故でしょうか?

精製されたものを食べるので

現在の食生活ではほとんど精製したものを食べています。
白米、砂糖、塩、小麦etc…
その生成する過程で大切なミネラルが失われているんです!
きちんと食事しているようでも、実はミネラルが足りない食品ばかり食べているんです。
食べても食べてもお腹が空くと言う方はミネラル不足を疑ってください!
ミネラルが足りないと体は栄養が足りないと感じお腹が空くんです。
ジャンクフードはいくら食べてもまたすぐにお腹が空きますよね?
これは栄養が足りてないからです!

野菜を作る土壌が痩せているので

昔は河川の氾濫などがあることで、山からの豊富なミネラルが運ばれていました。
しかし現在では河川の氾濫などなくなって便利になった反面、畑の土は天然のミネラルを得る機会がなくなってしまいました。
その上多量の科学肥料などを使ううえに、毎年、毎年作物を作ることでどんどんミネラルが枯れていくんです。
そのため現在では野菜や果物に含まれるミネラルの減少が進んでいます。
例えばほうれん草の鉄分を例にとると、1951年の調査では100mgあたりに含まれる量は13mgでしたが、2005年の調査ではなんと2mgまで減少しています!

食生活の変化

昔ながらの日本食には多くのミネラルが含まれていました。
ひじきに含まれるカルシウム、マグネシウム、鉄…
わかめに含まれるヨウ素…
里芋に含まれるカリウム…
枚挙に暇がありません。
しかし食の西洋化により、これらのミネラルを摂取する機会が減ってしまいました。

また加工食品、冷凍食品、パック惣菜、コンビニの弁当、チェーンレストラン等では、人工的調味料が多く使用されています。
これらに多く含まれるリン酸塩を多量に摂取すると、ミネラルの吸収率が低下します。

こんな症状がある人は気をつけてください!

イライラ、むくみ、不眠、肌荒れ、冷え性、便秘など、なんとなく体調が悪いという自覚症状があるが検査をしても原因となる病気が見つからない…
いくら寝ても疲れが取れない…肌荒れがなかなか治らない…
などの原因には、ミネラル不足が一因となっていることがあります!
(なんと薄毛も原因のひとつはミネラル不足と言われています!)

必須ミネラルについて

必須ミネラルの中でも体に必要可決であるものについて、それぞれの役割と不足するとどうなるのかを見ていきましょう。

カルシウム

カルシウムは骨と歯を作るために必要な栄養素で、ミネラルの中でも1番多いと言われています。
皆さんご存知のように、不足すると骨は弱まり骨折しやすい状態になります。

木綿豆腐、小松菜に多く含まれます。

リン

リンはカルシウムの次に多い栄養素です。
カルシウムと同じく、骨や歯を生成するために必要な栄養素です。
リンは食生活の中で不足する事はほとんどなく、食品添加物などに多く含まれるためむしろ取りすぎが問題となっています。

カリウム

カリウムは、細胞内の浸透圧の調整をします。
ナトリウムを排出する作用を持っているので塩分の取りすぎを調節することもできます。
ラーメンを食べた後にはカリウムを豊富に含むバナナを食べて調節しましょう(笑)

カリウムも普段の食生活で不足する事はほとんどありませんが、不足すると脱力感や筋力低下、食欲不振、精神障害などの症状が現れることがあります。

里芋、バナナ、トマトジュースに多く含まれます。

ナトリウム

ナトリウムはほとんどが食塩の形で摂取されます。
カリウムと同じく細胞内の浸透圧を調節するほか、筋肉を動かしたり、神経の情報伝達などにも関わっています。
摂取しすぎるとむくみの原因になったり、口が乾きやすくなったりします。

スポーツをした後足がつりやすくなったりするのは、汗をかくことによってカリウムやナトリウムなどのミネラルが失われて筋肉内のミネラルバランスが崩れたからです。

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムやリンと同様に骨や歯の生成に必要な栄養素です。
神経の興奮を抑制したり、エネルギーの生成をサポート、血圧の維持などの役割を果たします。
長い期間不足すると、生活習慣病のリスクが高まる可能性があると言われています。
ちなみにダイエット時には欠かせないミネラルであります。

マグネシウムもカリウムと同じように不足すると筋肉がつりやすくなったり、痙攣の原因になったりします。

そば、絹ごし豆腐、ほうれん草に多く含まれます。

鉄は血液中にある赤血球を生成するヘモグロビンの成分となっています。
不足するとヘモグロビンが減って酸欠状態となり、めまいや動機といった貧血を引き起こす可能性があります。

私は実はたまにめまいを起こすことがあるのですが、オススメは鉄のフライパンを使うことです。
そうすると普通に調理するだけで自然と鉄分が取れるようになります。

豆乳、小松菜、カツオに多く含まれます。

亜鉛

亜鉛は日本人に不足しがちと言われている栄養素ですが、体のありとあらゆる器官に必要なミネラルなので毎日摂取しておきたい栄養素です。
味覚を正常に働かせたり、アルコールの分解、性機能の維持など幅広く活躍します。

玄米、牡蠣、牛もも肉、ホタテ貝柱、納豆に多く含まれます。

銅は鉄が赤血球を生成するためにサポートする役割を果たします。
鉄が十分足りていても、銅が不足していれば赤血球をうまく生成することができないんです。
また活性酸素を撤去する働きがあり、骨の形成をサポートする働きもあります。

牛レバー、ホタルイカ、じゃこ、そら豆に多く含まれます。

マンガン

マンガンは酵素の構成成分に利用されたり、酵素の活性化に役立つ栄養素です。
また骨の形成に関わっていたり、糖質や脂質の代謝に働く酵素、抗酸化作用のある酵素などの構成成分にもなります。

栗、くるみ、煎茶の茶葉に多く含まれます。

ヨウ素

様子は甲状腺ホルモンの合成成分に利用される栄養素です。
不足すると成長障害や、体力の低下など深刻な症状を引き起こします。
ワカメなどの海藻類に多く含まれます。

最後に

ミネラルは食品からきちんと摂取することが1番良いのですが、これだけたくさんのミネラルを十分に摂取するのはなかなか難しいですね…
そこでオススメなのはサプリです。
サプリもいろいろありますが、石油由来のものはお勧めできません。
doTERRA社のものは自然由来である上に、多くのミネラルがバランスよく含まれているのでとてもオススメです。
もしも何か気になる症状がある場合には食品と並行して摂取してください。
ご注文は当サロンで承ります。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧